新人教育で未来の人材を育てる

仕事をしていると、新人として新社会人が入社してきます。

新人教育で未来の人材を育てる

新人教育で未来の人材を育てる 仕事をしていると、新人として新社会人が入社してきます。そこで、新人教育をしていき、戦力となれる人材を育成していかなければなりません。学生時代と同じ気持ちで仕事をしていると、周囲も迷惑にもなります。まずは、客との対応の仕方や連絡や報告の大切さを教えていきます。世代のギャップによって、考え方の違いがあるので、出来れば近しい年代の人物が教えていく方が、コミュニケーションも取りやすくなります。

基本的なことを教え終わったら、現場に出て仕事をしていってもらいます。当然としてミスをしたりするので、出来る限りのフォローをしていきます。仕事をしていくことで経験を積んでいき、会社の戦力として活躍していくようになります。

会社にとって、新たな人材を育てていけることが、これからの時代を生き抜く力となります。しかし、それが簡単にいかないのも事実であり、どの会社も頭を悩ましている部分でもあります。それぞれの会社の取り組みが行われています。


Copyright(c) 2018 新人教育で未来の人材を育てる All Rights Reserved.